スーパー耐久レース

こんにちは
Therapy&Training  Torolia
トレーナーのタケちゃんです。

先日参加したS耐。いよいよはじまりました。
今年から本格参戦のマークX  68号車
去年のチャンピオンカーTOYOTA86
52号車

ワンメーク、F4も入れると総勢9名のドライバーで挑む埼玉トヨペットGreenBrave

左から平沼貴之選手、脇阪寿一選手、服部尚貴選手、脇阪薫一選手、黒岩唯一選手、番場琢選手、密山祥吾選手、松田晃司選手。
F4の石澤 浩紀選手はS耐にはメカニックとして参加。

ご、豪華や、、、、( ;´Д`)
この方たちの身体をさわれるとは、、、正直恐縮ですっW
でもがんばらねば!!本当に光栄な事です。

私の役目はドライバーさんのレース中の空き時間やホテルで身体と心のコンディショニングを行います。

チームのメカニックさんは車を。私はドライバーさんをみます。

メカニックさんがメンテナンスした最高の状態の車に、最高の状態のドライバーさんを送り出す役割です。

、、、なんてカッコイイ事を言ってますが、まだまだ未熟な私。
今回も沢山の反省がありました。みれなかった選手もいましたし、もっとトレーナーとして自信を持って挑まなければと感じました。

頑張ります!!!
スケジュールの管理、技術の向上、そして自信と勇気(私にはこれが1番必要です)!!!

やるぞぅ〜( ̄Д ̄)ノ


肝心なレースですが

68号車のマークXは残り30分までは3位につけていましたが、ブレーキが厳しくなり交換。5位でのフィニッシュでした。
52号車の86は、ミッションのトラブルにより残念ながらリタイアとなってしまいました。

新たなチーム体制での初戦。悔しい想いもありますが、マークXは完走できましたし86も課題がみつかりました。
次に繋がる、凄く大切な事だと思います。前を向いて、次回の菅生に備えてることが大切ですよね。

メカニックの方もかなり悔しがっていましたが、すでに次回を見据えていました。その姿をみて、レース終了時は涙をこらえるのが大変でした。

みんな精一杯です。情熱を持って戦っています。
少しでもその気持ちがお客様にも伝わるように、私もがんばらねば!!

最後にドライバーさんと写真を撮ってもらいました。チキンな私は言い出せずにいると、平沼さんがきをきかせてくれました。感謝です
薫さん、黒ちゃんさん、密山さん、石澤さん、じ、次回良かったら、お、お願いいたします(>人<;)
素敵なチームに参加させていただき、感謝です。

今後に必要なトレーニングも少し見えてきましたし、次回の菅生も頑張りますので、埼玉トヨペットGreenBrave応援よろしくお願いいたします!!

私の事もちょっとでイイから応援してね(≧∇≦)

Therapy&Training Torolia

埼玉 さいたま市 土呂町 (土呂駅から徒歩7分)にある アロマセラピー&パーソナルトレーニング トロリア ただ鍛えるだけではなく 美しく健康で機能的な身体作りをお手伝いさせていただきます。身体の事や育児ブログも更新中♪

0コメント

  • 1000 / 1000